« じゃがポックル | トップページ | あついぞ!熊谷 »

2007年8月21日 (火)

ウニモモイサキトマトマンゴーカモパイン

引き継ぎ兼打ち合わせのため、A書店編集O氏と神楽坂のフレンチLA TOURELLEでランチ(とても「昼飯」とは言えない)。
住宅街の路地にひっそりと建つ一軒家。
鴨が名物らしいので鴨のピーチソース(本当はもっとオシャレッティな名前がついていたのだが覚えきれなかった)をメインにしたコースに、昼なのでひかえめに赤のグラスワイン。暑いのでやや軽めで。

むはー!  おいしい。

スープも前菜も魚も夏の旬づくしで、胃袋でタイトルの食材が仲良くマイムマイムを踊っているかのような、顔もほころぶ清涼感。
フランス料理など食べなれていないので標準値がわからないのだが、いわゆるフレンチ特有のバタークリームがひかえめなのか、後味がさわやか。とはいえしっかりコクもある。
素材を生かしたソースの色あいが美しい上にすんばらしくおいしい。言われなくともパンで皿ぬぐいまくり。
酷暑のなかへばりながら店までたどりついたのだが、デザートまであっという間にするする食べきってしまった。

いやはやごちそうさまでした。

カモのピーチソースを夢中でむさぼり食って撮り忘れたので(こんなんばっか)デザート。季節のフルーツムースアイスクリームのせマンゴーソース(もちろんこっちも正式名称失念)。0821

         

|

« じゃがポックル | トップページ | あついぞ!熊谷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事