« Home! Sweet Home! | トップページ | ドームすみません »

2007年9月 8日 (土)

六本木の夜

誕生月ということで社長、Wやん、U嬢と共に六本木の国立新美術館にある「ブラッスリーポール・ボキューズ ミュゼ」。乾杯してもらったり、乾杯したり。

美術館は閉館している時間なので、レストラン利用客は門から館内まで誘導灯をもった警備員の方にエスコートしてもらうという不思議なシステム。
とはいえポールさんのお店に一歩入れば明るくカジュアルな雰囲気。
フレッシュサーモンのマリネ ディル風味 、フランス産エスカルゴのブルゴーニュ風、リヨン風白身魚の軽いクネル、地鶏胸肉のポッシェ モリーユ茸のクリームソース、やわらかい牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風、ラム酒風味のババ、“ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ、4種シャーベットの盛り合わせ パレットに見立てて(以上ひらまつのサイトのコピペ)をシェアしながらシャンパンと赤ワインでもりもり。

その後ヒルズに移動して森美術館で開催中の「ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡」。展覧会で「ご自由にどうぞ」コーナーのカッシーナのLC4に身体を横たえたとたん、身体が椅子に惚れた。不滅のデザイン力にねじふせられた感じ。
閉館時間が迫っていたので泣く泣くLC4に別れを告げ、同じくヒルズで開催されている「天空の水族館」へ。
眼下に広がる絶景夜景を観ながらグランマルニエのカクテルをぐびり。
いやもうどんだけオシャレナイトですか。

クリーム・ブリュレは元々ポール・ボキューズが考案したレシピなんだとか。かりかりカラメリゼ&とろーりクリームの黄金コンビは今や誰もが認める幸福な出会い。0908

|

« Home! Sweet Home! | トップページ | ドームすみません »

」カテゴリの記事