« 東京 | トップページ | 捨てる神、疲労神 »

2007年10月14日 (日)

セブン

米農家の威信にかけてごはん製品だけはコンビニで買うまいと思っていたのだが、空腹に挫折してセブンイレブンで買った「銀シャリ」塩むすび。

具が入っておらず、海苔だけが巻かれた白米のおにぎりなのだが、米の味がむっちり際立ち非常においしい。
感動して翌日「銀シャリ」ばかり3個入れてカゴをさし出したらレジ打ちのおばちゃんが「これ何にも入ってないのにおいしいわよねえ、私もつい買っちゃうのよ〜」と話しかけてきた。
他にお客さんもいなかったのでついついしばらくおにぎり談義をし、「家で米作ってるんですよー」などと個人情報まで開示した挙げ句、おでんまで買ってしまった。
なにこの下町コミュニケーション。

やっぱり私はこの街を引っ越せない気がしてきた。
まあ米はやっぱうちのが一番おいしいんだけども。

関係ないけど資料を見ずに描いてみたセブン。
1014

|

« 東京 | トップページ | 捨てる神、疲労神 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事