« 自虐の詩 | トップページ | お腹すいた »

2007年10月23日 (火)

老四川飄香

M社編集Y氏とナガハマ先生とで代々木上原にある予約のとれない人気中華料理店「飄香(ピャオシャン)」。

仕事上の下心をかかえつつ望んだ席ではあったが、料理が運ばれてくるや否や、テーブルにたちこめる芳香に瞬く間に心を奪われる。
以下メニューはうろ覚えだが
「四川名物よだれ鶏」「四川式ビーフシチュー」「上海蟹の味噌スープ」あといろいろをアラカルトで注文。
けっこうな量の皿と紹興酒をたいらげ、〆はY氏おすすめの「正宗担々麺」。
もっちりした太めの麺にからむほどよい辛みの汁なしタイプで、これまた麺をすするたびにたまらん香りがたちのぼり、五感総動員で完食。
デザートは杏仁豆腐、紫芋、白きくらげといちじくの3点オーダーでこちらもあっという間につるり。

老四川(昔の四川が漂い香る、という意味らしい)とついているわりには辛さもほどよく、どれもこれも本当おいしい。
大切な人に食べさせてあげたい(ワリカンで)、と思える店。

担々麺とシチュー。共にいい面構えです。
1023a1023b

|

« 自虐の詩 | トップページ | お腹すいた »

」カテゴリの記事