« かんじ | トップページ | 安全・安心を第一に »

2007年11月 6日 (火)

クワイエットルームにようこそ

新宿にて映画「クワイエットルームにようこそ」。

松尾スズキ原作で監督。
本はもちろん、「コーラス」の別冊付録になった漫画化でも読んでいるので、当然物語は知っていたわけだが。
映像を観てやはりもう一度笑って泣いてずしんときた。
まともであろうともがくからこそ、人はあっち側に行ってしまうのだ。
ここと向こうの違いなんて本当に紙一重なんだろうなあ。

内田有紀がこんなにいい芝居ができる人だとは知らなかった。あのフリーライターの主人公に、まったく違和感がない。ヤバい人間だらけの精神科病棟のなか、一見まっとうに見えて壊れている人間のもろさがひしひしと伝わってくる。脱いだ背中がとってもきれい。女優だ。

もちろん蒼井優と大竹しのぶはさすがの役者魂。クドカンもいい。

松尾スズキ、完全復帰に涙。
1106

|

« かんじ | トップページ | 安全・安心を第一に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事